千葉県大網白里市「K-HILLS FARM」逸品 おとりよせー東急リゾーツ&ステイ公式

お取り寄せ通販サイト|逸品おとりよせ(東急リゾーツ&ステイ公式)

  • 東北すぐれものセレクション
  • 「逸品」を買って応援しよう!
  • がんばろう熊本!!うまいもんセレクション
 

千葉県大網白里市「K-HILLS FARM」

千葉県大網白里市「K-HILLS FARM」

自然のチカラを生かして野菜を育てる「自然農法」を取り入れ栽培されています。化学肥料、農薬、そして牛糞などの動物性肥料も使用ぜず、自然の力でたっぷり含んだ力強い野菜たちをお届けします。



■バイヤーズインタビュー〜オーガニック野菜への挑戦と本物の野菜を作りたい〜
木村さんは元銀行マン。メガバンク、外資系銀行と渡り歩いてきたが、定年前に会社を辞め農業大学へ入学されます。そこで学んだのは、慣行農業法とよばれる化学肥料や農薬を使う一般的な農業でした。しかし木村さんは就農する際、それらを使わない道をえらびます。『農薬を使わないで作る!』と言う道です。先生や同僚、誰もが反対する中「そこにチャンスがある」と信じて自然農法にチャレンジ。2016年の初夏、季美の森の住人の発案で「季美の森野菜」と名付け少しずつ野菜の種類や量を増やし、年間100種類ほど育てるまでになられました。木村さんは大切な野菜をお店に入荷させる際、あえてお客様がたくさんいる時間帯を選び、お客様と直接、会話することを大事にしていると言います。なんと言っても鮮度抜群。採りたて、掘りたてを売りとして、自信をもって自分の野菜を提案できる木村さんだからこそできる計らいだと感じました。なぜ、この難しい選択をされたのかを質問すると、「実習の中で、これまで食べたことが無い味の野菜に出会い、その農場は「有機農法」だった。農法により味の違いに実感し、自分も本物の野菜作りに挑戦したいと思うようになった」とのことでした。自然のチカラを生かして野菜を育てる方法。化学肥料、農薬、そして牛糞などの動物性肥料も使用しない徹底ぶりで本物の野菜と日々向き合われています。


もう一つ、木村さんは「固定種」の野菜を生産する事を大切にされています。「固定種」とは、実った作物から種を採り次の年の野菜を作ることを繰り返してその土地に定着する野菜のことです。固定種の野菜は土地の風土に合わせ自然と選別されてその時にあった形で進化し、病気にかかりにくくなったり、虫の害を減らすことが出来るそうです。「手間暇は、当然かかるのですが、味が濃く、食べて安心だと言うことを多くの方に伝えて行きたい」と木村さんは話します。2019年の台風15号の影響により、ハウス全壊し、露地栽培お野菜が全滅となり、販売するお野菜が無くなってしまいました。その後、春先の販売に向け種まきをし、今年の春から本格的に販売を開始予定でしたが、今回の新型コロナウィルスにより販売店の営業自粛等により販売がとても厳しい状況となっています。取材の中、畑で木村さんの育てたスナップエンドウの採りたてを頂きました!!スナップエンドウを生でたべて感じた事は、とにかく甘い!!これは木村さんのオススメの食べ方となんだそうです。写真を見てもわかるように、無農薬の為、雑草が取り切れない事が無念との事です(笑)。




東北すぐれものコレクション 東急不動産ホールディングスグループの復興支援プロジェクト 笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト


ご挨拶

「逸品おとりよせ」について

当店は、全国39事業所、83施設(2017年4月現在)のリゾート施設を運営する「東急リゾーツ&ステイ」が運営するお取り寄せサイトです。

設立以来、長きわたりその地域に根ざした地元の農家や銘菓、伝統工芸職人、スポーツグッズのプロショップなどとともに、まごころのサービスを提供してまいりました。


リゾートならではの、なかなか流通しない希少性の高い商材、本当に美味しい果物や野菜や、施設でご提供させていただいている、 お肉やお魚など、美味しいものを美味しい時期に、そして、暮らしを彩る伝統工芸品やこだわりの日常品など、ご自宅にいながらして、 簡単にお取り寄せいただけます。長年の信頼関係から生まれる絆の中から、本当の日本の魅力ある商品と幸せを全国にお届けすることができましたら幸いです。 どうぞ、よろしくお願いいたします。


●東急リゾーツ&ステイ運営施設厳選の逸品●

東急リゾーツ&ステイが、全国に数多く展開する『リゾートホテル』・『ゴルフ場』・『スキー場』のスタッフが現地より商品を登録し、現地から出荷配送を致します。 お客様にやすらぎや感動を創造し、顧客満足度ナンバーワンのリゾートブランドを目指す中で、旅の思い出として、そして大切な方への贈り物として、 東急リゾーツ&ステイのスタッフが厳選した逸品を ぜひお取り寄せ下さいませ。




トップページはこちら